日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

犬の毛並みが悪い原因と対策。よくするためにできることは?

ニュース

犬の毛並みが悪い原因と対策。よくするためにできることは?

愛犬の毛が何となくパサパサしてゴワついている、ボサボサして毛艶がないなど愛犬の被毛の悩みを抱えている飼い主も多 [...]

犬の毛は日照時間や気温で生え換わります。特に日照時間が大きく関係していると言われています。それが年2回春と秋に訪れる換毛期です。
毛が上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の二重構造になっているダブルコートの犬の場合、換毛期には大量の毛が抜け落ちたり、新しい毛が生えてくる時期になります。
春は密度の少ない粗めの毛が下毛(アンダーコート)が生え夏の暑さに備えます。人と違い犬は、汗をかける汗腺がほとんどなく汗をかいて体温調節をすることが不可能な動物なので暑さには弱いと言われています。
秋は密度の高いふわふわした下毛が生えてくることで冬の寒さに備えるのです。こうして必要でなくなった毛は抜け落ち、気候に応じた新しい毛が生えてくることで衣替えをしています。

主なダブルコートの犬種
ポメラニアン、ロングコートチワワ、柴犬、ミニチュアダックスフンド、ラブラドールレトリーバー、ゴールデンレトリーバー、ウエルッシュコーギー
上毛(オーバーコート)のみのシングルコートの犬もいて基本的に換毛期と呼ばれるものがありません(プードル、ヨークシャテリア、マルチーズなど)ですが人の毛も生え換わっているように通常の毛の生え換わりはあるものと思われ、犬種によって抜け毛の量には差があります。

近年では、小型犬など室内で飼育される犬が大変多くなっています。室内では冷暖房が完備されていて気温差を感じにくい環境にあるため換毛じたいが起こりにくくなってしまったり、換毛期と呼ばれる時期が曖昧になってしまっているといった現象も起きています。
冷暖房を過度に効かすことが犬の換毛に大きく影響します。適度に気温差を感じられる環境を作り健康的な換毛期が迎えられるようにすることが大切です。
抜け毛を放置すると!?
犬の抜け毛はとてもフワフワしているので空中に舞いやすく衛生的にもよくありませんし、ノミやダニの温床になりかねません。
また抜け毛が犬の体に絡まった状態にしておくことは毛玉や皮膚トラブルの原因にもなります。お部屋に落ちている抜け毛も、犬の体に絡まっている古い毛もしっかり取り除くことが大切です。

プロトリマーが伝授する犬猫の毛玉の取り方

トイプードル トリミングを7分でご覧ください

1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ